運用方法

★体温1度UPで健康美を作る方法

最近、特に低体温(35度台)の方が多く見受けられます。
低体温だと、美容と健康において何が問題なのでしょうか…

低体温の体調に現れる大まかな特徴としては…
・疲れやすい
・風邪を引きやすい
・血色が悪い
・怪我の治りが悪い
・便秘、冷え、むくみ
・肩こり、腰痛
・抜け毛、白髪
・眠気が取れない
・太りやすく、痩せずらい…eta

理想の基礎体温はおよそ36.5〜37度近くとされます。
そうなると基礎代謝も高く、細胞が元気になり
免疫力がup!! 血液循環や排出の能力も高まり
発汗や排尿、排便もスムーズに〜◎
スリムでハツラツとした健康的な状態が保てるようになります。

では理想の体温を手に入れるためには…
・1日お水(白湯)を1.5リットルは飲むよう努める
・1日30分のウォーキングやストレッチを行う
・ご飯食(和食)を中心の食生活を心がける
・腹八分目を心がける。
・甘いもの(上白糖を多く含む)は控える
・12時までに就寝する
・姿勢を良く保つ意識
・15〜20分の半身浴(バスソルトが効果的)
・植物性たんぱく質、緑黄色野菜、海藻類を意識的に食べる
・たくさん笑う♪

基礎体温を上げると同時にダイエットも期待できます。
これから薄着になる季節!!!
惜しみ無い愛情でご自身のお身体をケアして頂けたら幸いです。

★ 活性酸素から身を守る!抗酸化力のある食...


皆様 3月の季節変わりいかがお過ごしでしょうか tulip
暖かくなるのが嬉しい反面、花粉や黄砂、PM2.5の影響が気になるところです・・・bearing

今回は活性酸素について・・・
体やお肌を酸化させ、細胞を傷つける物質で場合によってはガンなどの病気を
引き起こす原因にもなります。

活性酸素とは

活性酸素は、人間が生きている限り、全身の細胞で発生し続け、これが
原因で人間に及ぼす弊害は200種類にもなります。

ガン、心臓病、脳卒中などの生活習慣病はほとんどこの活性酸素が原因
ではないかといわれています。

タバコ、お酒、食生活の乱れ、環境汚染、紫外線の増加など外部から
よくない刺激を受けると活性酸素が一気に増加して、ガンなどの原因
となります。

例えば、夏、紫外線によって肌荒れしますが、これは活性酸素の
仕業なのです。紫外線が当たった場所に活性酸素が発生して
肌を酸化させます。そしてシミやシワ、肌荒れ、くすみになる
わけです。

私たちの体には本来この活性酸素を抑える力(抗酸化力)があります。

例えば「抗酸化酵素」と呼ばれる、活性酸素の酸化力に抵抗する物質
「SOD(スーパーオキサイドジスムターゼ)」や「コエンザイムQ10」
という補酵素などがあります。

しかし、20歳前後を境に人間は老化するので、それにつれて抑える力が
弱くなっていきます。

また、現代人の生活はストレスや疲れ、タバコ、お酒、食生活の
乱れなどによる活性酸素が増加させる要因がたくさんあります。

活性酸素から体を守るためにも、外から活性酸素を抑える力を借り
なければなりません。
それには活性酸素を抑える=抗酸化作用がある
野菜や果物をとる必要があります。


  ★ 果物:ブルーベリー、カシス、ブドウ、りんご、スイカ、柑橘系
  ★ 野菜:トマト、ブロッコリー、ねぎ、たまねぎ、ニラ、にんじん
       ほうれん草、かぼちゃ、大豆、なす、生姜、きのこ類
  ★ :鮭、鱒、イクラ、えび、かに、
  ★ 飲み物:緑茶、ココア、赤ワイン、
  ★ 油:オリーブオイル、ひまわり油、アボカドオイル
  ★ その他:海藻、ゴマ、米ぬか              ets

ご参考までに・・・

ちなみに、サロンで使用しているラメラ化粧品は活性酸素を生まない
化粧品として特許を取得しておりますflair